沈金洗朱二段重と吸物椀  漆器修理

年代物の沈金洗朱二段重と吸物椀の修理のご依頼をいただきました。

特に重箱の損傷が激しく漆の剥がれ、沈金の剥がれ等かなりの損傷です。


Befor







After

年代物の沈金洗朱二段重と吸物椀の修理が完了しました。

重箱 修復箇所を剥がす→下地のし直し→下塗り→中塗り→上塗り

外側の沈金の箇所に関しましては塗り直し及びロイロ仕上げの後欠けている沈金を箇所を新たに沈金にてつなぎ合わせて補修

かなり痛みが激しく修復に苦労しましたが綺麗に修復できたと思います。

吸物椀 状態が比較的良く内側は上塗りのみ、蒔絵の外側はロイロ仕上げにて修復

新品同様の仕上がりになったかと思います。






最新記事

すべて表示