top of page

アンテークの棗を香合に・・・

刀剣をご趣味となさっておられるお客様からのご相談です。

骨董品店で気に入った棗を見つけられ、

刀剣のお手入れ用のフェルトを収納するのに購入

ところが オヤ部分が大きすぎてお道具箱に入らないので

蓋に合わせて 朱肉入れ(香合)のような形の塗物を作れないかとのご依頼でした。



見事な蒔絵の入った棗のフタです✨

早速職人さんに相談して 生地を挽いてもらい

仕上げていただいたのがこちら✨






これを おもむろにお道具箱から出されて・・・ 

刀剣のお手入れをなさっている姿を想像しただけで・・・

とても 厳粛な気持ちになります。


日本の伝統を愛する気持ちを お繋ぎできて光栄です。

ありがとうございました。


最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page